2016年12月13日

「うちはサスケ」の兄は何故「イタチ」という名前なのか?

なんでか、どこにも書かれていないなぁ、と、思ったので書きます。

岸本斉史「NARUTO」の登場人物「うちはサスケ」の「サスケ」は、日本の昔からの忍者小説に登場する「猿飛佐助」という忍者からとられた名前です。架空の人物です。

しかし、強い忍者として大変有名なので、この名前は、忍者の代名詞のようによく使われます。
過去には白土三平の忍者漫画「サスケ」もあり、アニメにもなりました。
また、「SASUKE」というテレビ番組もあります。スポーツ娯楽番組です。大変に難易度が高くめったに完全制覇できないフィールドアスレチックに挑戦する者たちのドキュメントです。

猿飛佐助のライバルには、「霧隠才蔵」がいます。

他にも、強い忍者として有名な名前には「風魔小太郎」「加藤段蔵」「百地丹波(三太夫)」「藤林長門守(ふじばやし ながとのかみ)」「神戸小南(かんべのこなん)」などなど、数多くありますが「イタチ」という名の忍者はいません。
なのに、何故「うちはサスケ」の兄が「イタチ」なのでしょうか?

よりによってイタチですよ?「イタチの最後っ屁」という言葉もあるくらい、イメージが悪い動物です!
※デジタル大辞泉の解説
鼬(いたち)の最後っ屁(ぺ)
《イタチが窮したときに悪臭を放って敵をひるませるところから》困ったときに非常手段に訴えること。

サスケの兄は、イケメンですよね。
なのに、何故「うちはイタチ」なのか?!

それはですね、暁でイタチは干柿鬼鮫と組んでいますよね。だからなのです。

干柿鬼鮫、彼のモデルは間違いなくホホジロザメです。顔で分かります。

ここで、「世界四大人喰いザメ」つまり、危険なサメの代表を語らねばなりません。
それは、
ホホジロザメ・オオメジロザメ・イタチザメ・ヨゴレ
です。

はい!わかりましたね?

「うちはイタチ」は、「イタチザメ」から来ているのです。

イタチザメには体に縞模様があるので、英語名はTiger shark!

さあ!今後はしたり顔で言うのです!
「イタチの名前の由来、知ってる?」

web拍手 by FC2更新の励みになるんでよろしかったら拍手お願いします
posted by わに庭 at 14:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | NARUTO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444855419

この記事へのトラックバック