2016年03月30日

今さらですが2016年冬(新春)アニメ初回視聴結果:プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ:蒼の彼方のフォーリズム:無彩限のファントム・ワールド:ハルチカ〜ハルタとチカは青春する〜:少女たちは荒野を目指す

色々あったので視聴が大幅に遅れました。
今季は、録画ミスで見られなかったアニメもあって、初回視聴は25本。
正直、デジャヴな作品が多い…
優れたアニメももちろんあったんですけれども!

では、初回視聴の簡易感想です。以下は視聴しなかったものばかりです。
超辛口です。

プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ

ストライドという架空のスポーツに拒否反応。危険。流行るとは思えないけど流行ったらどうすんだ。動きはいいんだけど、やっぱり「遅刻遅刻」で始まるし…それは陳腐だと何度言ったら…

蒼の彼方のフォーリズム

船のシーンから始まるんだけど、結局は「遅刻遅刻」で始まったような物、それは陳(ry。転校生であるヒロインのテンションは、朝でなくても引く。
こちらも架空のスポーツの話。わざとらしいフルネーム呼び、世界観の説明、ラッキースケベありで、ビギナーズラックですごい技出す展開だし…。それも陳腐なんだよねぇ。

無彩限のファントム・ワールド

これも「遅刻遅刻」(ry。そしてブルマ。そしてラッキースケベ。京アニなのに面白くなかったなぁ。ファントムという存在を狩るってのに興味持てなかったし。巨乳の胸揺れあり。京アニだからそこそこ魅せてくれるんだろうけど、視聴継続する気にならなかった。

ハルチカ〜ハルタとチカは青春する〜

しかし京アニはやはり偉大だと再認識できたアニメ。「響け!ユーフォニアム」と比べて演奏シーンのクォリティ低すぎ。吹奏楽部モノだけど、人物に魅力がないし、指揮者である先生の取り合いをヒロインが幼馴染の男子とする展開って、どこに萌えたらいいんだかわからないアニメだった。

少女たちは荒野を目指す

乙女ゲーを作る話。ゲーム作るアニメって以前にもあったよね。何で似たようなのをアニメ化するかなぁ。そこそこ面白いんだけど視聴を続けるほどの萌えがなかった。

以上、がっかり感と脱力感が強くて、初回だけでも見るの辛かったです。
第三回ぐらいまで見たら化けたのかもしれないけど…。

人気blogランキングに参加しています。 web拍手 by FC2更新の励みになるんでよろしかったら拍手お願いします
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック