2015年01月14日

新番組2015年冬(新春)開始アニメ視聴状況:◆暗殺教室

「暗殺教室」初回視聴しました。


原作が面白いから面白いけど、…神アニメじゃなさそうですねぇ、残念。

アニメ化まで早かったですねぇ。
現在、連載が続いてますもんね。
雑誌じゃなくて単行本派なんで、ぴったりとはわからないんですが、
原作内は、中学三年の秋ぐらい?冬に入りましたか?

物語は、三年E組が卒業する三月で終わるんですよね?

アニメは、どうなるんだろう?
原作から離れてオリジナルエンド?それとも、途中でいったん終了?

さて。

こっから、「暗殺教室」の最終回を予想妄想してみたいと思います。
色々考察されているだろうけど、
他の方の意見は全く見てないです。

私の妄想最終回では、

・暗殺は成功する。そうじゃなきゃ、終われないっしょ、と。

・同時に、殺せんせーが100万人現れる。

・殺せんせーは、元々最高・最強の教師として作られた生物。強いのは、最強じゃないと、教育を権力に歪められる恐れがあるから。

・暗殺成功したら、地球を壊さないのは約束だから、地球は破壊されない。

・100万人の殺せんせーは、生徒の記憶を共有しており、忘れない。三年E組全員のことも覚えている。

・殺せんせーを作った科学者は、殺せんせーを軍事目的で使用しようとする者たちによって殺された。なので、殺せんせーは、月を壊して見せて、取引をした。

・100万人の殺せんせーは、世界中のあらゆる場所で授業が可能。教育の貧富の格差・地域の格差は世界からなくなる。

・人間の教師は不要なのか?!答えはノー!それはカラスマやビッチ先生が体現してくれた。殺せんせーには、人間の「人間性」は教えられない。人間の教師は、教科を通じて人生経験を伝えるようパラダイムシフトする。

・三年E組の生徒たちは全員で100億円を手に入れたけど、世界中に学校を作る資金として提供する。

こんな感じだったらいいな!

…って、妄想です。予想じゃないです。

何のかんの言って、アニメは視聴しますよ。
面白いからねぇー。


人気blogランキングに参加しています。

Amazonの電子書籍Kindleを自己出版しています!

絵本サメのこどもたち

短編小説集あやしうこそブログるほしけれ

どちらも100円です!
スマホでも読めます!よろしくです!
web拍手 by FC2更新の励みになるんでよろしかったら拍手お願いします
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/412340156

この記事へのトラックバック