2011年07月17日

2011年7月開始アニメ視聴状況:うさぎドロップ:BLOOD C:猫神やおよろず

またも駆け足感想です。
HDD残量が足りなくて、えらいことになってます。
早くチェック終えて、整理しなければ!


うさぎドロップ

ノイタミナの、いい感じに地味なアニメです。
祖父が死んで、祖父の隠し子と同居することにした主人公。
二人の心の触れ合いが中心になっていくのだと思います。
心静かに見られそうなので、まったり視聴予定。


BLOOD C

私的には、すんごい微妙だったんですよねー。
主人公の眼鏡っ娘ドジっ子設定とか、
彼女を取り巻く人間関係とかが、あまり好みでない。

あの制服はありえないだろ、とか、
水の中引き回されて「何で眼鏡が外れないんだ?」<子わに兄高一
とか、
多分それも霊力!とか、

どうも雑念が入っちゃうんですが、

バトルシーンがいいからねぇ…

副題が百人一首の一部、ってのも心憎い。
そういうのには弱いの、私。

#1「あまつかぜ」
天つ風雲の通ひ路吹きとぢよ 乙女の姿しばしとどめむ
(天の風よ。雲間の通り道を閉ざしてくれ。天女の舞い姿をしばらくとどめておきたいのだ。)

#2「きみがため」は二つあるけど、こっちかなぁ。
君がため惜しからざりし命さへ 長くもがなと思ひけるかな
(君のためには惜しくなかった命でさえ、結ばれた今となっては、長くありたいと思うようになったよ。)

次回#3が「ひとはいさ」
人はいさ心も知らずふるさとは 花ぞ昔の香に匂ひける
(あなたのおっしゃることは、さあ、本心なんでしょうか。私には分からないですね。なじみの土地では、昔と同じ花の香りが匂ってくるのものですよ。)

何となく、ストーリーとリンクしてる気がする!

だから、視聴切れなかったですねぇ。バリバリ切る気で見たんですが。
視聴継続です。


猫神やおよろず

どっかぬけててユーモラスな神様たちが地上で暮らす話。
主役の猫神様は、天界を追い出されたのね。
日常生活での神様と人間の触れ合いを描きつつ、ってコメディみたいです。

面白かったです。

でも、この視聴状況厳しい中で続けて見るかい?って言われたら、
NO
です。すいません。

神様たちはかわいかったんだがな。視聴せず、です。

うさぎドロップ(1)

うさぎドロップ(1)
著者:宇仁田ゆみ
価格:980円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



BLOOD-C(1)

BLOOD-C(1)
著者:琴音らんまる
価格:588円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



猫神やおよろず(1)

猫神やおよろず(1)
著者:FLIPLFOPs
価格:580円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



人気blogランキングに参加しています。押してねv web拍手 by FC2更新の励みになるんでよろしかったら拍手お願いします
posted by わに庭 at 09:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | 新番組2011夏開始 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/215251302

この記事へのトラックバック

BLOOD-C#2「きみがため」感想
Excerpt: 守る・・・父様も、友達も、大切なものも。「きみがため」「古きもの」と戦う小夜。朝、いつものようにカフェに行くと文人がコーヒーに合わせてギモーヴを出してくれた。ギモーヴに...
Weblog: おぼろ二次元日記
Tracked: 2011-07-20 14:21