2011年07月03日

視聴率惨敗の良作ドラマ「鈴木先生」

タイトルが地味だよな〜
宣伝の仕方も間違ってたし。「中ニが小四とヤッちゃった?!」って、それが焦点ではないでしょうよ。
裏番組も強かったし、視聴率は2%前後、1%台もあったみたいですね。

でも、面白かったですよ?

この春、漫画原作のドラマは二本見ました。「JIN」と「鈴木先生」。
「JIN」は文句なしによかったです。前シーズンから見てた。
原作は未読なんですが、携帯で竜馬が死ぬファイルだけダウンロードして読んでみました。

役者ってすげぇなぁ…

原作通り、なんて、あるわけないんですよ。生身の人間が漫画の登場人物をやるんだから。
だから、違うんだけどね、役者さんの個性に役が見事にのっかっているというか。

ま、「JIN」のことは、沢山の人が褒めてるしブログに書いてるし。

かたや「鈴木先生」、私は、ちょうどドラマ化された部分、
鈴木裁判、足子先生が壊れるあたりまでは既読でした。

最後のあたりが、色々と違うなぁ。
足子先生が壊れる話と鈴木裁判が混ざっちゃってる。
ドラマが鈴木裁判で終わるってのは、続編狙ってる?と思ったのですが、
視聴率的に難しいし、原作変えたら難しいよなぁ。

と、思って、まだ読んでなかった原作を最後まで読みました。

あれ?続編アリじゃね?
つか、足子先生の乱はあそこまでにとどめて、
生徒会総選挙もカットして、
最終的なクライマックスの「神の娘」で映画化、ってあたりがアリじゃね?

映画化の根拠のないうわさはあるけど、そういう話は公式にはないです、今のところ。
ただ、「鈴木先生」を見た数少ない視聴者には、
この作品は好評で、
続きを見たいなぁ、という期待があるだけなんだと思います。

私も、このキャストで続きが見たいなぁ。

ドラマを通じて感じたこと。

いや、個々の回の感想じゃないです。
ちょっと他の人の感想をぐぐってみたら、
原作のことを「無名」と言ってる人もいて、

『鈴木先生』(武富健治)は2007年、文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞してるんですが。
…アクの強い作品だから、知名度は低いかもねぇ。

私は、面白い漫画のドラマ化は、面白くて当たり前だと思っています。
だって、話作りのための取材は全部原作の漫画家がやってあるんですよ?
ドラマに臨むにあたって最低限必要なのは、原作を十分に理解していることです。

最近、安易な漫画のドラマ化が多いような気がして…
(こ○亀とか日本語…とか)
安直に目先だけアレンジするのと、原作を理解した上で変えるのとは、ちゃう!

ドラマ「鈴木先生」でよかったのは、
山崎先生と足子先生の壊れていく理由と過程がわかりやすく構成しなおされていたこと。
鈴木裁判の盗撮は神田が考えたことなのに、足子先生の入れ知恵になっちゃったのはどうかと思ったけど、
最初のクラス編成で神田と小川を交換したんでしたっけ?
原作の一〜八巻は手放しちゃったんで、確認できないんですが、
そういう設定にして、神田の行動の動機にしたのは、ドラマGJ!と思いました。

だって、私は鈴木先生を全面肯定する気にはなれないんですよ…
周囲の人間が二人も壊れるって、そりゃ、鈴木にも問題あるって。
その最初のゆがみが、「小川を自分のクラスにして、鈴木メソッドの実験準備を完成させる」ってことなら、すごい納得できる。
出された方の気持ちを考えてないよね。ま、そんな事情は普通知らされないけど生徒には。
取られる方の気持ちも考えてないよね。山崎先生は、直にそれが影響して壊れちゃったんだしね。

そういうところ、ドラマはよかった。
鈴木先生にだって間違いや失敗もあるわな、人間なんだから。

原作でも、実は繰り返し、鈴木先生は万能教師じゃないことは描かれてるんだけど。
でもちょっとわかりにくい。
公式HPでも「新たな伝説の教師が誕生」とか煽ってるし、
それはちょっとズレてるかなぁー、
でも、脚本は、「わかってる」人が書いたんだなぁ。きっと。

で、ドラマは、大人も子役も、演技がすごく、いい!
よかったんだけどなぁぁぁぁぁ〜〜〜〜何で視聴率低かったんだろ〜〜〜〜〜?

うちのブログは来訪者少ないもんで、
どれくらいの方が読んでくださってるかわからないのですが、
ドラマ「鈴木先生」が気になった方は、BSジャパンで再放送始まってます。
7/2(土)夜10時に第一回放送しました。<昨日です;;
ネットでの無料配信は終わっちゃってるなぁ…有料ならあるみたいだけど…

鈴木先生(1)

鈴木先生(1)
著者:武富健治
価格:860円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る





人気blogランキングに参加しています。押してねv web拍手 by FC2更新の励みになるんでよろしかったら拍手お願いします
posted by わに庭 at 16:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新番組2011春開始 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/213063214

この記事へのトラックバック