2016年03月30日

今さらですが2016年冬(新春)アニメ初回視聴中リスト:暗殺教室 第2期:僕だけがいない街:亜人

キャパシティの問題で、以下の三作品しか残りませんでした。
それと「銀魂゜」。「NARUTO疾風伝」は、小説版のアニメは見る気がしないんで、停止中。
ドラマでは「フラジャイル」を見てました。
それから、大河ドラマ「真田丸」も見ています。

暗殺教室 第2期

アニメーション自体は、それほど好きではないんだけど、原作が、ストーリーが面白いから!
原作は週刊少年ジャンプ本誌で無事完結したらしく、おめでとうございます。無駄に引き伸ばしをやらないのがいいよね。
ただいま、絶賛視聴遅れ中。

僕だけがいない街

面白かった!期待通りだった。初回の濡れ衣をどう晴らしていくんだろうと展開に期待が持てたので視聴。現在視聴遅れで最終回に辿り着いていない。

亜人

世界観、緻密!面白いわー。これ面白いわー。
評判に違わぬ面白さ。
ただ今視聴遅れ中。

四月からは、春ドラマが期待できないんで、遅れを取り戻そうと思いますが、
春の新作アニメって58本!
初回視聴予定なのは33本です。

アニメって、本当は少なくとも第三話まで見ないと真価がわからないといいますが、

無理です。

シャーロットは、あやうく初回で切るところだったからなぁ、ネ申アニメを見落としてるかもしれないんだけど…。

人気blogランキングに参加しています。 web拍手 by FC2更新の励みになるんでよろしかったら拍手お願いします

今さらですが2016年冬(新春)アニメ初回視聴結果:ブブキ・ブランキ:シュヴァルツェス マーケン:虹色デイズ:だがしかし:Dimension W:灰と幻想のグリムガル:昭和元禄落語心中

以下は、面白いけどキャパシティの問題で視聴を切ったアニメです。

ブブキ・ブランキ

妹はどうした!敵が妹なのか?ともかく世界設定の説明が長くてだるかった…CGは上手い。時々CGっぽいけど、表情が自然だし。バトルシーンも良さげ。でも、話に興味が持てなかった。ちょっと題名キルラキルっぽいな…。

シュヴァルツェス マーケン

なんちゃって歴史もの。つまりはパラレルワールド。現実の東ドイツではない。なんで女性の胸があんなに目立つコスチュームなんだろう…。独裁者に支配されていて世界観が暗い!好みではなかった。

虹色デイズ(15分アニメ)

少女漫画。別冊マーガレット掲載作品らしい。多分原作はそこそこ面白い。でもアニメは画がひどい。恋愛物というより、個性的な男子四人の友情を描いている気はする。アプリも出すのか…宣伝アニメだなぁ。そこそこ面白いんだけど、それ以上じゃないんだよね。

だがしかし

OPのアニメが好きではなかったが、話はそこそこ面白かった。サービスシーンあり。合う人には合うんだろうな。私はヒロインの性格がぶっとびすぎてて、引いた。駄菓子がテーマだけど、これなんの焼きたてジャパン?ストーリー破綻しそうだなぁ、と、視聴しなかった。EDのアニメも楽しめなかった。自分とは相性が悪いとしか言いようがない。

Dimension W (ディメンション ダブリュー)

おじさんがかっこいい!OPもすごいかっこいい。アクションもいいし、面白そう。ガンガン系はこういうのがあるから侮れない。世界観の設定の細かい所が作り込んであるのよ。サメの水槽とか。余裕があったら見ていただろうなぁ…。

灰と幻想のグリムガル

ゲームに入り込む話だけど、テンプレではない。本当にゲーム世界に入り込んでしまった若者たちの話。SAOとも違う切り口だし、リアルにゲーム世界で生活するとしたら、こうだろう、って興味深い。これも、余裕があったら見ていただろうなぁ…。

昭和元禄落語心中

石田さんはすごい、というアニメ。老成した落語家と駆け出しの修業時代が全然違うもんなぁ。これ、見れば面白いんだろうけど、見なかったんですよ。
私、落語結構好きで、寄席にも何回か行ったことあるんですけど、初回前半は弟子の与太郎が落語やってて、申し訳ないが、

客がどうして笑うのかわからなかった!

落語は話をそのまま読んでも面白くない。ちょっとその辺がストレスになりそうだなぁ、と、思ったので、視聴切りました。雑誌「CoolVoice」は買いましたけどね!(石田さんの特集)

この中では
昭和元禄落語心中
が、切るのはもったいなかったかもしれない。

人気blogランキングに参加しています。 web拍手 by FC2更新の励みになるんでよろしかったら拍手お願いします

今さらですが2016年冬(新春)アニメ初回視聴結果:NORN9:アクティヴレイド 機動強襲室第八係 第一期:ファンタシースターオンライン2:紅殻のパンドラ:ラクエンロジック:この素晴らしい世界に祝福を!

辛口簡易感想が続きます。どうして同じような設定の話が先にアニメ化されているのにやるんでしょうか。ゲームの宣伝?作品の宣伝?

NORN9 ノルン+ノネット

乙女ゲーの変種。異能力者の少年少女が集まって、多分バトル。その中でヒロインを中心に乙女ゲー的ストーリー展開があるんだと思う。でも萌えなかった。

アクティヴレイド 機動強襲室第八係 第一期

バディで警察でロボットで男のパンツはビキニパンツ。
そこそこ面白かったが、視聴継続するほど萌えなかった。だって、これなんのパトレイバー&タイバニ?

ファンタシースターオンライン2ジ アニメーション

遅刻遅刻ではないが、登校シーンから開始。清雅学園=SEGAかぁ。
みんなの憧れ生徒会長から、主人公が副生徒会長に抜擢され、凡人なのにゲームの中では優れた能力を発揮するってのも、ゲーム内のごついおっさんキャラが実は生徒会長(女)ってのも、展開がとてもとても退屈。

紅殻のパンドラ

いきなり水着。パンツ丸見え。パンツの中に手を入れて感じさせると武器になるんですかそうですか百合なんですか?すごくつまらなかった…。武器と使用者のタッグはソウルイーターがダントツで面白いし。OP・EDも好みでない。

ラクエンロジック

カードゲームのアニメ。カードゲームが現実化して日常に入り込んでいる設定はかなりテンプレでは、と、思った。あ、契約でチューするんですか…。そして、女子と同室…テンプレ…。

この素晴らしい世界に祝福を!

SAOの亜種。最初っから女神を異世界に連れて行くと思ったわ。ゲーム世界に入り込むのもよくある話だと思う。SAO・オーバーロード・グリムガルのように、まだ新しい切り口で魅せることのできる分野だとは思うが、これはテンプレ。萌えず。

上記は、視聴した方も結構いたかもしれないですが、私の趣味ではなかったので。

人気blogランキングに参加しています。 web拍手 by FC2更新の励みになるんでよろしかったら拍手お願いします

今さらですが2016年冬(新春)アニメ初回視聴結果5分アニメ:おじさんとマシュマロ:おしえて!ギャル子ちゃん:旅街レイトショー:石膏ボーイズ

5分アニメは、以下の四本を見ました。
どれも視聴せず、です。
5分アニメでも面白いのあるんだけどねぇ…今季は私はちょっと、でした。

おじさんとマシュマロ

ほのぼの系5分アニメ。興味持てなかった。

おしえて!ギャル子ちゃん

ギャグ系5分アニメ。ギャルに見える娘が意外と真面目って、テンプレでは?

旅街レイトショー

アニメーションが手抜きすぎて、興味持てなかった。

石膏ボーイズ

少しは期待してたんだけど…。石膏像のアイドル、ねぇ。主役は女性新人マネージャーって、期待外れだった。

一番ましなのはギャル子ちゃんだけど、ネタにあまり意外性がなかったので。

人気blogランキングに参加しています。 web拍手 by FC2更新の励みになるんでよろしかったら拍手お願いします

今さらですが2016年冬(新春)アニメ初回視聴結果:プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ:蒼の彼方のフォーリズム:無彩限のファントム・ワールド:ハルチカ〜ハルタとチカは青春する〜:少女たちは荒野を目指す

色々あったので視聴が大幅に遅れました。
今季は、録画ミスで見られなかったアニメもあって、初回視聴は25本。
正直、デジャヴな作品が多い…
優れたアニメももちろんあったんですけれども!

では、初回視聴の簡易感想です。以下は視聴しなかったものばかりです。
超辛口です。

プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ

ストライドという架空のスポーツに拒否反応。危険。流行るとは思えないけど流行ったらどうすんだ。動きはいいんだけど、やっぱり「遅刻遅刻」で始まるし…それは陳腐だと何度言ったら…

蒼の彼方のフォーリズム

船のシーンから始まるんだけど、結局は「遅刻遅刻」で始まったような物、それは陳(ry。転校生であるヒロインのテンションは、朝でなくても引く。
こちらも架空のスポーツの話。わざとらしいフルネーム呼び、世界観の説明、ラッキースケベありで、ビギナーズラックですごい技出す展開だし…。それも陳腐なんだよねぇ。

無彩限のファントム・ワールド

これも「遅刻遅刻」(ry。そしてブルマ。そしてラッキースケベ。京アニなのに面白くなかったなぁ。ファントムという存在を狩るってのに興味持てなかったし。巨乳の胸揺れあり。京アニだからそこそこ魅せてくれるんだろうけど、視聴継続する気にならなかった。

ハルチカ〜ハルタとチカは青春する〜

しかし京アニはやはり偉大だと再認識できたアニメ。「響け!ユーフォニアム」と比べて演奏シーンのクォリティ低すぎ。吹奏楽部モノだけど、人物に魅力がないし、指揮者である先生の取り合いをヒロインが幼馴染の男子とする展開って、どこに萌えたらいいんだかわからないアニメだった。

少女たちは荒野を目指す

乙女ゲーを作る話。ゲーム作るアニメって以前にもあったよね。何で似たようなのをアニメ化するかなぁ。そこそこ面白いんだけど視聴を続けるほどの萌えがなかった。

以上、がっかり感と脱力感が強くて、初回だけでも見るの辛かったです。
第三回ぐらいまで見たら化けたのかもしれないけど…。

人気blogランキングに参加しています。 web拍手 by FC2更新の励みになるんでよろしかったら拍手お願いします

2016年03月05日

なぜ似たようなアニメばかりを作り優れたコンテンツを活用しないのか?「エクソシストの花嫁」最終巻の感想

日本はアニメ大国で、毎季、優れた作品があるのですが、
「あー、似たようなシーン見たわー。」
「あー、似たような話だわー。」
って作品も多いのは事実です。

売れたら、売れた路線を追いかけて、二匹目のどじょうを狙うからだよ。

それと、新しいコンテンツばかりをアニメ化するのも問題なのではないでしょうか。
明らかに、宣伝目的。

それぐらいなら、過去に優れた作品がいくらでもあるじゃん!!

私がアニメ化して欲しい作品ベスト3は、

中貫えり「はらったまきよったま」
紫堂恭子「辺境警備」
内田美奈子「赤々丸」

ベスト5だったら、

佐藤史生「夢見る惑星」
諏訪緑「玄奘西域記」

ベスト10だったらー…、って、数多く存在するじゃないですか!

そりゃ、ゲームを売らなきゃいけないとか、
小説・漫画の新刊を売らなきゃいけないとか、
アニメのスポンサーだけでは赤字だとか、
大人の事情はあるんでしょうけど。

息の長いファンがついている作品の魅力を
正しくアニメ化すれば、
良い作品になるはずです!
そして、それは既視感のない新鮮味を持つはずです!

さて、この三月に最終巻が発売された「エクソシストの花嫁」は、

掲載雑誌を変えながら、
20年以上かかって、
物語を完結させた、という、

がっつり固定ファンがついていて
20年以上も支持され続けた作品なのです!

最初は「はらったまきよったま」略して「はらきよ」という漫画でした。
主人公麦子は小学生でした。
小学生のうちに輝と巡りあい、
「エクソシストの花嫁」で、ゴールインしたのです。

私にとってのこの作品の魅力は、
・麦子がどこまでもポジティブである。そのため、読後感がいい。
・輝があり得ない大金持ち。そして生い立ちのためヒネていて、なかなか素直ではない。
・でも輝は心底、麦子に惚れている。ハンサムがヒロイン一筋って萌える。
・輝も麦子も、あり得ないほどの霊能力者。数々の事件をフルパワーで解決する!

ラブコメの王道を押さえていながら、
こんなにもスッキリする漫画はないですよ?

「エクソシストの花嫁」第三巻(最終巻)は、
このシリーズの最終回にふさわしい、素晴らしいものでした。

ネタバレすると、












麦子と輝が、結婚式をあげ、結ばれて、麦子が第一子を妊娠する。
二人を見守っていた神父が、息を引き取る。それぞれに予言の手紙を残して…

詳細は、読んだ方がいいです!
できれば「はらきよ」最初から!
最初からのファンには、もう、感無量ですよ!!

深いですよね…
輝も麦子も、類稀な霊能力者でありながら、
その生い立ちは正反対。
しかし、だからこそ魂の深い所で解り合えて、
愛し合って、
結ばれて。
そして、霊能力者だけに、死者の世界や異世界の存在と近い二人だけれど、
やはり、神父の「死」は、かけがえのない人との「別れ」には変わりなく、
生きていく二人の間には、新しい命が生まれる…

「生」と「死」は、遠いようで近い。近いけれども隔絶している。

どんなに強い霊能力者の二人でも、生きて、成長して、共に歩み、やがては人生を終える…
その、人としての営みからは、外れない。
霊能力者であることと、愛し合い共に歩む「人間」であることが、とても自然に両立している。
そんな二人だから、
読者も見守り続けたんですよ。

最終回ですが、輝と麦子の物語が「終わった」という気がしません。
それでも、これは、完璧な大団円です。
中貫えり先生、お疲れ様でした。
そして、素晴らしい作品をありがとうございました!



人気blogランキングに参加しています。

web拍手 by FC2更新の励みになるんでよろしかったら拍手お願いします
posted by わに庭 at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中貫えり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする