2017年06月06日

今さらですが「BORUTO」三巻感想!

BORUTO三巻は、劇場版のストーリーが終わって新章突入です。
私、NARUTOの古いファンですが、認めましょう。

BORUTOは、NARUTOとは別の新しい作品であることを!

はぁ、なるほど、これがアニメと連動してるのね。
ぶっちゃけ言うとね、期待はしてなかったんですよ。
私の愛する我愛羅は、もうBORUTOにはいないわ〜
と、思っていたので。

でも、ストーリーが面白くなってきたよ?

劇場版のワクを離れて、絵師:池本幹雄氏が自由度を増した気がする。

魅力的な、サラダの太もも!
これ、岸影様に無かったネ!
怪力キャラだから、筋肉がついているんだけど、
中学生くらいの少女だから、ムキムキではないネ!
とてもとても良い!
良い味出てるネ!

我愛羅・風影様も出ていますが、
この三巻で、「別作品!」と、私は割り切れたので、
どういう登場のしかたをしても、気になりませんな。

原作は岸影様でも、
池本氏の作品と言っていいと思う。
画が違う!
はたして、BORUTOが長期連載作品となるのか、
池影様は爆誕するのか?!

それはわからないですけれどー。

単行本派で詠み続ける作品になりました。
NARUTOで読むのをやめた方々、今なら間に合うぞ?



Kindle版で三巻から読むのもアリだ!


尚、私はネジヒナ派でした。 web拍手 by FC2更新の励みになるんでよろしかったら拍手お願いします
posted by わに庭 at 14:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | NARUTO/BORUTO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

銀魂実写ドラマがdTVで配信!

情報、遅くなりましたが、
実写化劇場版が公開間近の「銀魂」、
dTVで、オリジナル実写ドラマ配信決定です!

Twitterより引用:



公式発表ではありませんが、
「ミツバ編」らしいですよ!?

大変!dTV!
dTV×銀魂プロジェクトをこの夏展開するらしいです!

忘れないように貼っておきます。


ううむ、ネット配信だからパソコンで見られるけど、
うち、レコーダーがアクトビラ対応なんですよー
テレビで見られないかなぁー。

研究します! web拍手 by FC2更新の励みになるんでよろしかったら拍手お願いします
posted by わに庭 at 15:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀魂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

中貫えり先生、最新作発表か?!

中貫えり先生が、新連載をやるみたいですよーーーーーーー!!

http://ameblo.jp/erinakanuki/entry-12278241129.html
http://ameblo.jp/erinakanuki/entry-12278891770.html

これを、ご覧なせえまし!

内容は全く発表されていないので、
私の予想ですが、
非公式見解ですが、

いっちゃんじゃね?

つまりですね、「はらったまきよったま」に通じる世界観の物語ではないかと!
はらきよをご存知ない?!
それはいけません!

 で、出会った二人が
 で、中学生となり、
間にスピンオフもあるんですが、
 高校生で交際を深め、
 で、めでたくご結婚〜!!

読みましょう!
とっても明るいオカルトコメディです。
面白いよ!
ヒロインが超ポジティブ前向きキャラだから、元気もらえるよ!

で、非公式個人見解ですが、
次は、子ども世代の話ではないかと!
「赤毛のアン」や!<アンの娘の小説がある
「NARUTO」や!<ナルトの息子ボルト主人公の漫画連載中
「ハリー・ポッター」かもしれぬ!<これも息子世代

中貫先生!どこまでもついていきます!

…って、長い長いファンが多い作品なのです。
いやぁ、めでたい!あくまでも個人の予想にすぎませんが!
違ってたらごめんね!! web拍手 by FC2更新の励みになるんでよろしかったら拍手お願いします
posted by わに庭 at 11:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中貫えり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

いまさら「君の名は。」見てまいりました。

実は、三月末からずっと、調子が悪くて半病人なのですが、
「タウンニュースさがみはら南区タケシの万能川柳」で秀逸(復興の遅れを示す募金箱)をいただきまして、
映画館の招待券をいただいたのです。

で、ダンナのエスコートで、
未だに見ていなかった「君の名は。」を見てまいりました。

あれは、すごいわ。



いまさら、他の人が感想は充分書いているから、
私の出る幕ないですけど、
これ、2016年に生きた人なら、絶対見るべき。

2016年って、「君の名は。」と「この世界の片隅に」が封切りされた、すごい年だったんだなぁ…。

売れる要素を目いっぱい盛り込んでいるんだから、売れて当然、とか聞いていたけど、
いや、普通、盛り込めないって。
ならば、売れる要素盛り込んでみろって。

もうね、最初から最後まで、一瞬も飽きないからね、
次、どうなる?!
え、どうしちゃうわけ?
うわぁ。

ネタバレすまいと思っているから、大変に頭の悪い感想になっております。
見てから、少々日数も経っているのですよ、寝込んでて。

でも、何度も繰り返し見たいの、わかるわー。
多分、二度目には新しい発見がありそうだもの。
最初に見落としたところとか。
そして、風景が、映像が、美しい!

第12回のオタク川柳ネ申賞、
「君の名は。」聞いてくれたのポリスだけ
なんですけどね、
どうやら、ロシア語と英語に翻訳紹介されてるみたいですよ。
(私は11位でした、応援ありがとうございます!)

それも、「君の名は。」だったからだと思う。
あれはすごい。
全世界に通じるすごさだと思う。

驚くべきことに、まだ公開されています。
映画館で見た方がいいです。
未視聴の方!
行くのです!
web拍手 by FC2更新の励みになるんでよろしかったら拍手お願いします
posted by わに庭 at 17:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

アニメNARUTO疾風伝最終回とBORUTO初回視聴感想

NARUTOというのは、私にとって特別な作品だったので、
原作が終わった時も感慨深かったのですが、
アニメ「NARUTO疾風伝」が最終回を迎え

なんか魂抜けちゃって。

感想が書けなかったんですよ。

ひとことでいえば、
「いい最終回だったな」
です。
何よりも、アニメは、ナルトとイルカ先生の関係に焦点を絞り、
ああ、この物語は、イルカ先生がナルトを信じたから始まったんだな、と、
思い起こさせてくれて、
大変に感慨深かったです。

そして、さりげなくシカテマ・サイいの、というノマカプスキーが鼻血出しそうなサービスあり。
(カカイルもあったって話もありますが)
謎なのは、チョウカルなんですよねー。
チョウジとカルイ、どっからつきあったんだ???
娘のチョウチョウがボルトやシカダイと同級生なんだから、
さほど変わらない時期に付き合い始めたんじゃないか、
いや、ナルヒナ披露宴あたりが怪しい、
と、思っていたんですけれど、そこまでは出なかったですねぇ。

まぁ、一番鼻血出そうなのはナルヒナですけど。

良かったよなぁー。
新郎新婦の入場直前で終わるの。

これで、NARUTOはもう見ないな。

アニメNARUTO疾風伝の最終回を以て、アニメ視聴は終了しよう。
そう思っていたんですけど、
BORUTO、どう始まるのかなぁ、ってのが気になって、初回だけのつもりで見ちゃったんですわ。

あれ?

結構、面白いよ?

疾走感とか、動きがいいし、
ボルトの忍者アカデミー入学から描くって、

六年間、オリジナルストーリーかい!

デンキ、ってオリキャラも出てましたね。
大人世代として、NARUTOの面々も登場するし、
次回は、サイいのの息子、えっと、なんだっけ?
(ググった)
あ、そか、イノジンだ。
そのイノジンがボルトに絡んでくるらしいし、

面白そうじゃね?!

しかし、シカダイとデンキがボルトとの縁は深そうなのに、
卒業後は違う班なんですね。
つか、デンキ、オリキャラだから漫画BORUTOには出てこないし。

あかん、見てしまいそうだ。

いや、見てもいいんじゃね?
アニメが原作に影響を与えて、デンキが出てきたりするのかしら?
ちらちら出てくるナルト世代も期待できるし。

と、明るい気持ちになれたので、改めて。

NARUTO・NARUTO疾風伝と、素晴らしいアニメをありがとうございました!
お疲れ様でした&これからも頑張って!

タグ:NARUTO boruto
web拍手 by FC2更新の励みになるんでよろしかったら拍手お願いします
posted by わに庭 at 16:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | NARUTO/BORUTO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする